新しい情報・公演予定はブログページをご覧ください




【 歌は語る 】
 


     楽曲 河は呼んでる  水野汀子 作詞 ギイ・ベアール作曲

 

     フランス映画(1957)の主題歌。


     と言ってもその映画に添った詞は音羽たかしさんのもので
     
     あったようです。

         

 

         デュランス河の流れのように

         小鹿のようなその足で

         駈けろよ かけろ

         かわいオルタンスよ

         小鳥のように

         いつも自由に    /  音羽たかし

 

 

     笑顔でベビーフェイスの爽やかお嬢様と言った風の

     シャンソン歌手中原美紗緒さんが歌われました。

 

     歌は聞いたことがあっても、筆者はこの映画を見たことが

     ないのです。

    

     ジャン・ジオノと言う方が脚本を書いた映画だそうで、

     村を流れる デュランス河にダムができ、近隣の村は

         水底に沈む。

    

     そのあたりの土地はオルタンスの父の所有地であった。

    

     その父が亡くなった後、莫大な賠償金をついだオルタンスと、

     彼女を取り巻く親戚筋の人々との物語。

    

     実際のダム工事の進行に合わせ、オルタンスの成長が

     描かれているとか。

      

     三年かかったダムの完成にともない水が家々を

     呑みこんでいく日、この日が大団円である。

    

     デュランス河のあたりに棲む 主人公の名がオルタンスと

     いうわけです。

    

     どんな展開、ハラハラドキドキなのか、映画見たく
     
     なりました。

 

    

     ここからはなれているやら材をつかんでいるのか、

     水野汀子氏の詞、大層きれいでご機嫌になる詞では
     
     ありませんか。

   

     ご機嫌の中身は気分がいい、爽やか、あかるいきもち、

     あーっ夏かも、梅雨明けたかなっていう空気感がいい。

   

     この季節が自身の好みであるだけかもしれませんが。

   

     又、水野汀子氏は、トムピリビは2軒おうちを持っている

     の作者でもあります。

  

     で、「河は呼んでいる」と「い」が入っている作品は

     後のもの、また「デュランス河・オルタンス」が

     歌われているものは、何の歌?と疑問に思う聞き手が多く、

     あまり歌われなかったとか。

  

     ちなみに「ジャン・ジオノ」って名にビビッと来られた方は

         ありませんか。

   

     「木を植えた男」の原作者でもあります。

   

     この作品はね、絵本にもなっています。

   

     内容紹介は実物の方へゆずります。

   

     是非ご一読を。






                     



                     








 


     楽曲 エーデルワイス 
            作詞 坂田寛夫 /作曲 リチャードロジャース


     ドイツ語で「高貴な白」の意味とか。

     花言葉の一つは「感謝」。

     いつの頃かわかりませんが、恋に破れた登山家に天使が贈った
     花とか。

     そしてこの歌は、第2次世界大戦時、ドイツ陸軍山岳部隊の
     兵士中心に歌われたとか。

     念のために申しますが、今回ご紹介の歌詞ではございません。

     ご紹介いたします「エーデルワイス」は♪さっちゃんはね
     など作詞された坂田寛夫氏の詞です。



        エーデルワイス エーデルワイス かわいい花よ
        白い露に 濡れて咲く花
        高く青く光るあの空より
        エーデルワイス エーデルワイス 
        明るく匂え

        エーデルワイス エーデルワイス ほほえむ花よ
        悲しい心 なぐさめる花
        はるかアルプスの峰の雪のように
        エーデルワイス エーデルワイス
        耀けとわに



     舞台の上、人前で一人、伴奏つきで歌った歌です。

     なんて個人的な思い出を言っても始まりませんが。
 
     オカリナを習い始めたころの練習曲として出てきた曲でも
     あります。

     ひょっとしたら、英語の歌詞をご存知の方も多いかも
     しれませんね。

     「野で山で海でみんなが歌うレクリエーションソング」
     とも言われています。
     歌の先生からは、「うたう」なら、鼻歌で歌うな。

     声が出てればいいってものでない、音符の音で出せと
     いわれますが、
気候変動、物騒な悲しい事件の多いこの頃、
     天を仰ぎつつ天使の歌声でない分、
     天使を思い浮かべ口遊むと致しましょう






                          








 


    楽曲  「火のうた」  塩野幸子作詞    作曲者不明
 

     この歌に出会われた方はいらっしゃいますか。

     出会っていても歌った方は少ないのではなかろうかと。

     保科その子編になる某大学の愛唱歌集に載っています。

     塩野幸子という方の情報がわからないのですが、
     歌人、詩人であられたのではないかと推察。

     某大学に問合わせ中ですが、この方がというよりこの作品に引かれ、
     まずご紹介しておきたく思います。





         夕べとなりぬ 
         風は静かに 
         木の間 行交い
         水のささやき何をか語る
         いざ 草に座して 
         森の火を焚かん 
         神の給いし火を 
         燃えよ 燃えよ 赤きほのほ 
         穢れし思い すべて焼きて


         夜は近づきぬ  
         星は静かに  
         空に瞬き 地をば守れば
         われら安けし かげのかなたより 
         平和のほのほ 我らを呼びて燃ゆ
         燃えよ 燃えよ 赤きほのほ  
         我らの心 すべてきよめて 






      日脚が伸び夕暮れが長くなりました。

        夕風もそろそろ心地よくなりました。

      初夏の気配。

      夕空の下、気持ちの趣くまま、
     「火のうた」しばし朗々と、いかがでしょう。






                          





 

 

   楽曲    「学生時代」   作詞/作曲 平岡精二 


          蔦のからまるチャペルで 祈りを捧げた日
         夢多かりしあの頃の 思い出をたどれば
         懐かしい友の顔が 一人一人浮かぶ
         重い鞄を抱えて 通ったあの道

           秋の日の図書館の ノートとインクの匂い
           枯葉の散る窓辺 学生時代


         讃美歌を歌いながら 清い死を夢見た
         何の装いもせずに 口数も少なく
         胸の中に秘めていた 恋への憧れは
         いつもはかなく破れて 一人書いた日記

           本棚に目をやれば あの頃読んだ小説
           過ぎし日よ私の 学生時代


         蝋燭の灯に輝く 十字架を見詰めて
         白い指を組みながら うつむいていた友
         その美しい横顔 姉のように慕い
         いつまでも変わらずにと 願った幸せ

           テニスコート キャンプファイヤー
           懐かしい日々は帰らず
           素晴らしいあの頃 学生時代
           素晴らしいあの頃 学生時代          



     涙が湧き上がってくるのです。
     耳にすると、一緒に歌いたくなるのです。

     ペギー葉山さんのために1964年に作られたとか。
     この方の歌声が筆者としては一番心地よい歌声。
     そして、涙!というより、温かく

 

        夢多かりしあの頃
        本棚に目をやれば あの頃読んだ小説
        懐かしい日々は帰らず


     ♪素晴らしいあの頃 学生時代が蘇ります。

     ♪わかさゆえーーーーのおもいわずらい、いまある「私」の
     おもいわずらいは違い、確かに涙の時はあるのですが、
     歌った頃の私も合わせて、いまの私、
     笑顔を浮かばせあたたかくなります。

     それに付けても学生運動という時代がありました。
     この歌の歌われた後の出来事ということになるでしょうか。
     記憶の糸が絡んで引き出されてもきます。

     さっき『令和」という元号が発表されました。
     時は移るもの。
     歌は・・・・・・

     なつかしさと共に「歌は語る」
     それぞれの方にそれぞれに「歌は語る」 




                 





         




        夢路より  夢見る人

        作詞/作曲 スティーブン・フォスタター   日本語詞 津川主一



     春 春 春

     雨が降ろうが、雪が降ろうが3月の声を聞くと春。

     何故か年度の終わりと、新年度の期待とが沸き起こります。

     「新年あけましておめでとう」よりこの世的な思いが
     詰まってもいますが。



     夢 夢 夢


     うつつか幻か、全てそうなのです。

     分けることもないのでは。

     この春 弥生 三月

     今日歌い始めましょう。

     一日一回この歌を。

     31種の思いが載せられることでしょう。

     津川主一氏は日本の教会音楽の土台というか
     中心にあられた方。

     1896(M29)年11月16日に生まれ、
     1970(S46)年5月3日に亡くなられました。

     フォスターといえば津川主一氏。
     多く作品があります。

     フォスターは今、フォスター!とよばれ多くの作品を
     私たちは知り歌いますが、
この「夢見る人」を作っていた頃
     「夢見る人」はまさに彼の夢であったのでは。

     この作品は1864年1月13日の事故死からのち発表されました。

     「 Beautiful Dreamer 」

     音楽の美しい世界を求めていても現実は違った生活。

     この作品が出来上がったのは37歳で亡くなる数日前
     だったとか。

     何か物思う章末になりました。

     今ここに想い咲く花はなんですか。

     想いを転換して 以上!

     または笑顔で ハル!

     朗読教室での初めの一声です。

     ハをお腹から出します。

     その時お腹はひょいと引っ込みます。












 


     楽曲 四季の雨   文部省唱歌               

                  ※「村祭り」を作った南 能衛みなみよしえが作曲とも



     「この歌みんなで歌ってみたら」と70代の男性からご提案をいただきました。


     コーラスで歌われているのを幾度となく耳にしてはいましたが、
     

     実際習ったこともなく「詞が日本だね」との感想で終わっていました。


     大正3年に発表されていて、このころの音楽教育の教本?は一つの狙いを
     もって作られていたとのことです。


     なるほど様々の資料引き当ててみますと、この年発表の作品


     ♪うさぎ追いしかの山・・・・・・、♪菜の花畑に入日うすれ・・・・・・、

     ♪我は海の子・・・・・・、らから窺い採れるのは、


     ある方のおっしゃるごとく「日本語の美しさ、日本の文化、日本人の美意識、
     自然に対する感じ方」等なのかなと推察。

 
     今日、文部省唱歌は作詞、作曲者が明らかになってきていますが、


     発表された当時は合議で採用とのことで、作詞、作曲者は明らかに
     しない方針でもあったそうです。


     この「四季の雨」もそのためかはっきりしません。


     古の「歌」に添った言葉も多く用いられるなど、丹念な作詞でもあり、


     子供たちに「日本の・・・」を伝えようとする心根が思われます。




        1 降るとも見えじ春の雨 水に輪をかく波なくば 
           
           けぶるとばかり思わせて 降るとも見えじ春の雨


        2 にわかに過ぐる夏の雨 物干し竿に白露を 

           なごりとしばし走らせて にわかに過ぐる夏の雨


        3 おりおりそそぐ秋の雨 木の葉木の実を野に山に 

           色さまざまに染めなして おりおりそそぐ秋の雨


        4 聞くだに寒き冬の雨 窓の小笹(おざさ)にさやさやと 

           ふけ行く夜半を訪れて 聞くだに寒き冬の雨




     文語体もいいものですよね。


     こうして歌われると次代に伝わります。  












≪ 大人色ファンタジー展覧会Ⅱ 春麗 ≫ in 茶房ギャラリー楓
2010年03月26日(金) 14時~15時

 

春浅い頃の気温に戻った日となりましたが、
たくさんの方がお集まりくださり、
朗読の世界を共に作ることができました。

【 演目 】
平家物語~相模所縁の場面より~
狸の山門
白い椿の精

【 オカリナとご一緒に 】
♪青葉の笛
♪鎌倉


 


≪ 大人色ファンタジー展覧会 ≫ in 茶房ギャラリー楓
2009年06月19日(金)・20日(土) 14時~15時

   
縮緬細工の吊るし雛をお借りして、朗読会場も鈴音がファンタジックに飾りました。
【懐かしく 新しい】雰囲気を楽しんでいただけている様子を見て、こちらも気分が盛り上がります。 





演目: レラプス ・ かぶと虫 ・ ぬらりひょんのひみつ ・ 千代とまり
オカリナ演奏: アニーローリー ・ 眠りの精 ・ わかれ(お客様と合唱)



会の最後、オカリナとの合唱 ♪別れ が、しっとりと決まりました。 


朗読とオカリナ演奏の後は、茶房ギャラリー楓のメンズスタッフの手による豆腐ケーキの出番。


初日は45人分を用意していただきました。
「男の料理教室」メンズの手作りケーキとお茶のサービスは大好評!
レシピのコピーも見る見る内に無くなりました。

フレッシュレモンがさわやかな豆腐ケーキは、「真似して作ったわ~」と数人から伺いました。
素敵な出会いに感謝します。






<語坊【ユファン】とは>

鈴音の長女、布施泉が参加する朗読ユニット。

およそ20年前に朗読サークルで知り合いになった相山啓子と布施泉は、
各々朗読や音訳の勉強をしながら、小学校、保育園、高齢者施設などを
定期的に訪問していた。

笛の演奏集団ニュー・バイバーズとふたりのコラボレーションを機に
イベント出演が増えていく中、相山と布施にひとつの道が見えてくる。

<<土地々々に縁のある作品や民話を語り継いでいきたい>>

ふたり共通の想いが呼応しあい、
朗読ユニット「語坊」(ユファン)を2003年に結成。
ユニット名は、語る、言葉、処、学びの者などの意味をもつ言葉を組み合わせ、
響きを ーユファンー とした。



現在は、2004年から季節ごとに開催している朗読会を中心に活動するほか、
朗読習練希望者のための教室「この指とまれ」を月2回開いている。

朗読に合わせたオカリナ吹奏も好評で、聴く人の心を温かく和ませるふたりのステージは、
回を重ねる程にファンを増やしている。







相山啓子   布施泉


連絡先:TEL.090-9308-3829

定期朗読会
2月・5月・8月・11月 第3木曜日 13時50分より
根本荘ホール 潮音(しおね)(三浦市南下浦町上宮田1468)
会場:TEL.046-888-0658
















SINCE 2008.09.09 Copyright(C)SUZUNE. All Rights Reserved.